トップ

自家製青汁を作る

青汁は健康管理の定番である

自家製青汁の良い点悪い点

汁は健康管理のためのセルフケアの定番ですね。様々な健康飲料が流行しては消えて行きますが、青汁はすっかり定番として知られていますね。一日中外で過ごして食事は外食になりがちで、野菜不足を実感している方が多く、また青汁に効果を感じているからこそでしょう。
もし健康診断の数値が気になって、何か対策をと考えていらっしゃる方、" class="glink">健康に役立つ青汁ならこちらを読んでみてください。

青汁は、以前は自宅で作るものでしたが、今では通販で手軽に入手することもできます。また、街で青汁バーを見かけることもあり色々な方法で飲むことができるようになりました。

ここでは、自家製青汁の良い点と悪い点を市販の商品との比較でみてみましょう。まず、自家製青汁の良い点は何と言っても新鮮であることです。作ってその場で飲むのですのですからこれは当たり前ですね。そして、新鮮な生野菜で作るので野菜の酵素もしっかり取り入れることができます。添加物の心配もありません。また、自家製であれば健康状態に気になる所がある時など、必要な栄養素を含む野菜を加えたり、お味を変えたい時はフルーツを加えたりとお好みのアレンジができます。

ここまでですと、自家製の青汁はよいところだらけのようですね。しかし、実際にはデメリットもあります。まず、毎日続けるとなると金額的に市販の商品より高くなる可能性があります。野菜はブレンダーにかけるとかなり量が減ります。一杯の青汁を作るための生野菜はかなりの分量になります。

また、市販の商品の青汁の材料をご覧になると、ケールや明日葉、大麦若葉などあまり普通のスーパーマーケットでは見かけないものが多いですね。パッケージにも◯◯の何十倍のビタミン、食物繊維。などと書かれておりこれらの野菜は特に栄養価が高いものです。自家製の青汁では数値的には市販のものに劣るかもしれません。使った後のブレンダーのお手入れも毎日のことになると結構な負担になるかもしれませんね。

Copyright © 青汁は健康管理の定番である. All rights reserved.